現在地:設定 > 設定例

設定例

このトピックでは、ネットワークの設定例を示し、2 種類の IP 設定例について説明します。最初の例は、単一の IP リソースに依存して既存のサブネットに設定されている、データベースアプリケーションの典型的な例を示しています。2 番目の例は、複数の IP リソースが設定されたアクティブ / アクティブのシナリオを示しています。

ネットワーク設定

最初の 2 つの設定例は、以下の図に示すネットワーク設定を前提にしています。

ネットワーク設定

Network Configuration.jpg

 

このネットワーク設定には以下のコンポーネントが存在します。

  • サーバ。Server 1 と Server 2 の 2 台のサーバがあり、それぞれに適切な LifeKeeper およびアプリケーションソフトウェアがインストールされています。

  • インターフェース。各サーバは、次のように設定された 2 つのイーサーネットインターフェース、eth0 と eth1 を備えています。    

インターフェース Server 1 Server 2

eth0

 

eth1

Server1

25.0.3.6

Server11

25.0.1.6

Server2

25.0.3.7

Server21

25.0.1.7

 

  • ネットワーク。ネットワークは、以下の 3 つのサブネットワークで構成されています。

    • 主にサーバ用の、トラフィックが少ないバックボーン(25.0.3)

    • サーバとクライアント両方のための、トラフィックが多いバックボーン(25.0.1)

    • トラフィックが多いクライアントネットワーク(25.0.2)

1 つのゲートウェイで、すべての LAN 間の相互接続ルーティングを行います。アドレス解決には DNS(図示されていない)が使用されます。

  • ハートビート。TCP ハートビートコミュニケーションパスは、片方または両方のサーバサブネットワークを使用して設定されます。

典型的な設定例

Server 1 と Server 2 は、共有ディスクに常駐する mydatabase と呼ばれるアプリケーションにアクセスします。mydatabase アプリケーションと、このアプリケーションへのアクセスに使用される IP リソースが一緒に切り替えられるようにするため、システム管理者は mydatabase アプリケーションリソースを作成し、依存関係で IP リソースをアプリケーション階層に追加します。

以下のような設定上の問題があります。

注記:それぞれの設定図に付随する表は、プライマリサーバ(Server 1)の場合は [Create Resource Hierarchy] ウィザードに、バックアップサーバ(Server 2)の場合は [Extend Resource Hierarchy] ウィザードに入力される適切な情報の例を示しています。ウィザードに入力する情報の詳細については、このセクションで後述するLifeKeeper 設定作業セクションを参照してください。これらの表は、Recovery Kit を設定するときに役立つ参照情報となります。

図 3.IP リソース作成時の典型的な設定例

IPTypicalConfigIPResCreate.jpg

設定に関する注記:

  1. アプリケーションリソースは mydatabase-on-server1 です。

  2. IP リソースは databaseip、タグ名は ip-databaseip です。

  3. mydatabase-on-server1 が障害を起こすと、LifeKeeper はそれを Server 2 に切り替えます(ipdatabaseip は、依存関係がある場合にのみ切り替えられます)。

  4. Server 1 が障害を起こすと、両方のリソースが Server 2 に切り替えられます。

  5. スイッチオーバの間に、databaseip のユーザは切断されます。ユーザは再度ログインすると、Server 2 のすべてのアプリケーションにアクセスできます。

  6. 手動によるスイッチオーバの間、databaseip 以外の接続を使って Server 1 に接続しているユーザについては、Server 1 との接続が維持されます。

Server 1 での IP リソース階層の作成

Server:

IP Resource:

Netmask:

Network Interface:

IP Resource Tag:

Server1

databaseip

255.255.252.0

eth1

ip-databaseip

注記:IP リソースをバックアップサーバへ拡張する前にIP 依存関係の作成時のガイドラインを参照してください。

IP リソース階層の Server 2 への拡張

Template Server:

Tag to Extend:

Target Server:

Target Priority:

**IP Resouce:

Netmask:

Network Interface:

IP Resource Tag:

Server1

databaseip

Server2

10

25.0.1.2

255.255.252.0

eth1

ip-databaseip

** [Extend Wizard] では、その DNS 名に関連付けられている実際の IP アドレスが IP リソースとして表示されます。

IP リソースのテスト

IP リソースが正常に作成されたことを確認するために、システム管理者は以下の作業を行う必要があります。

  1. LifeKeeper の GUI メニューから、ip-databaseip が Server 1 で In Service (ISP)かどうかを確かめます。

  2. リモートサーバから、ping または telnet を使用してアドレス databaseip に接続します。

  3. Server 2 で in_service オプションを選択し、さらに ip-databaseip を選択して、手動のスイッチオーバをテストします。IP アドレスが Server 2 に移行されることを確認してください。

アクティブ / アクティブ設定の例

同じネットワーク設定を使用した 2 番目の例では、各サーバで 1 つずつアクティブになった 2 つの IP リソースを示します。

リソースアドレス

この例では、IP リソースは server1ip (アドレス 25.0.6.20)と server2ip (アドレス 25.0.6.21)です。これらのリソースのエントリが、各サーバの /etc/hosts ファイルと、DNS データベースになければなりません。

ルータの設定

選択されたアドレスは新しい(論理)サブネット上にあるため、eth0 または eth1 に設定できます。ただし、どちらも同じインターフェースを使用している必要があります。

この例では、eth0 を選択すると、すべてのユーザがゲートウェイを経由しなければならなくなります。eth1 を選択すると、サブネット 25.0.1 のユーザはリソースに直接アクセスできます(新しいサブネットが内部のルーティングテーブルに追加されていることが前提です)。サブネット 25.0.2 上のユーザには、やはりゲートウェイが必要です。この例の場合、選択されたインターフェースは eth1 です。

新しいサブネットをサポートするために、どの物理ネットワークが選択されたかにかかわりなく、ネットワーク管理者はルーティング情報をゲートウェイシステムに追加してから IP リソースを作成する必要があります

最初の IP リソース定義

管理者は、最初の IP リソースを Server 1 に作成します。eth0 は、各サーバで利用可能な最初のインターフェースであり、デフォルトとして提示されます。eth1 をインターフェースとして定義するときは、利用可能なインターフェースの一覧から選択します。

Server 1 での IP リソース階層の作成

Server:

IP Resource:

Netmask:

Network Interface:

IP Resource Tag:

Server1

server1ip

255.255.252.0

eth1

ip-server1ip

注記:IP リソースをバックアップサーバへ拡張する前にIP 依存関係の作成時のガイドラインを参照してください。

IP リソース階層の Server 2 への拡張

Template Server:

Tag to Extend:

Target Server:

Target Priority:

**IP Resouce:

Netmask:

Network Interface:

IP Resource Tag:

Server1

server1ip

Server2

10

25.0.6.20

255.255.252.0

eth1

ip-server1ip

** [Extend Wizard] では、その DNS 名に関連付けられている実際の IP アドレスが IP リソースとして表示されます。

2 番目の IP リソース定義

管理者は、2 番目の IP リソースを Server 2 に作成します。eth0 は、各サーバで利用可能な最初のインターフェースであり、デフォルトとして提示されます。eth1 をインターフェースとして定義するときは、利用可能なインターフェースの一覧から選択します。

Server 2 での IP リソース階層の作成

Server:

IP Resource:

Netmask:

Network Interface:

IP Resource Tag:

Server2

server2ip

255.255.252.0

eth1

ip-server2ip

注記:IP リソースをバックアップサーバへ拡張する前にIP 依存関係の作成時のガイドラインを参照してください。

IP リソース階層の Server 1 への拡張

Template Server:

Tag to Extend:

Target Server:

Target Priority:

**IP Resouce:

Netmask:

Network Interface:

IP Resource Tag:

Server2

server2ip

Server1

10

25.0.6.21

255.255.252.0

eth1

ip-server2ip

** [Extend Wizard] では、その DNS 名に関連付けられている実際の IP アドレスが IP リソースとして表示されます。

注記:サブネット 25.0.6 は Server 2 ではアクティブでないため、eth0 と eth1 の両方をプライマリネットワークインターフェースのために選択できます。Server 1(バックアップサーバ)では、最初の IP リソース 25.0.6.20 が In Service であるため、eth1 だけが選択可能です。管理者が定義を保存すると、LifeKeeper はアドレス 25.0.6.21 を Server2 の eth1 で In Service にします。

IP リソースのテスト

管理者は以下のテストを行って、新しいリソースが両方のサーバで機能していることを確認する必要があります。

  1. プライマリサーバの各リソースについて、ping または telnet を使用してそれぞれにアクセス可能であるか確認します。管理者は、すべてのユーザサイトからの接続をテストすることもできます。

  2. 手動で ip-server1ip を Server 2 で In Service にして、スイッチオーバをテストします。両方のリソースが Server 2 で機能していることを確認してください。

  3. 両方のリソースを Server 1 で In Service にします。両方のリソースが Server 1 で機能していることを確認してください。

  4. ip-server2ip を、プライマリサーバの Server 2 で In Service に戻します。

 

/ ページ

c 2012 SIOS Technology Corp., the industry's leading provider of business continuity solutions, data replication for continuous data protection.