現在地:設定 > 一般的な IP プランニングの考慮事項

一般的な IP プランニングの考慮事項

IP リソース階層で使用する予定のアドレス、ネットマスク、関連するホスト名 / ドメイン名を選択したら、各サーバの /etc/hosts ファイルに適切なエントリを追加します。DNS を使用している場合は、DNS にもエントリを追加します。

注記:DNS を使用している場合でも、すべての LifeKeeper サーバ上のローカル /etc/hosts ファイルに IP リソースのエントリを記述することを強くお勧めします。それによって、リカバリ時間が短縮されます。ただし、IP インスタンスを作成するときに入力するリソース名が IP アドレス自体の場合、ホストファイルのエントリは不要です。

保護された IP アドレスは、恒久的な論理インターフェースを作成する場合のように、システムのブート時にアクティブになるようシステムに設定しないでください。LifeKeeper ソフトウェアはシステムに代わってそれらの管理を行います。

いずれかのリソースアドレスが新しい(論理)サブネット上にある場合は、それらのサブネットへのルーティングを処理するようにルータをアップデートしてください。

/ ページ

c 2012 SIOS Technology Corp., the industry's leading provider of business continuity solutions, data replication for continuous data protection.