現在地:設定 > IP ローカルリカバリと設定に関する考慮事項

IP ローカルリカバリと設定に関する考慮事項

HA の構成におけるネットワークインターフェースの冗長性を確保するために、Linux 標準の NIC のボンディングの利用をお勧めします。LifeKeeper IP Recovery Kit は、ボンディングインターフェース上に作成された仮想 IP アドレスを完全にサポートします。

ローカルリカバリのシナリオ

IP Recovery Kit によって IP アドレスの障害が検出されると、結果として生じる障害によって IP ローカルリカバリスクリプトが起動されます。LifeKeeper は最初に、その IP アドレスを現在のネットワークインターフェース上で In Service の状態に戻そうとします。ローカルでリカバリの試みが失敗すると、LifeKeeper は IP リソースと依存関係を持つすべてのリソースのバックアップサーバへのフェイルオーバを実行します。

/ ページ

c 2012 SIOS Technology Corp., the industry's leading provider of business continuity solutions, data replication for continuous data protection.