現在地:設定 > ユーザシステムのセットアップ

ユーザシステムのセットアップ

1 つの IP リソースが、2 台のサーバ間で IP Recovery Kit ソフトウェアによって切り替えられる場合、インターフェースが変更されるため、切り替えられる IP アドレスに対応する MAC アドレスが変化します。LAN 上のルータやユーザシステムは、この変更をそれぞれの ARP テーブルに反映しないと、新しい場所の IP アドレスにアクセスできません。オペレーティングシステムによっては、ネットワークインターフェースに新しい IP アドレスが追加されると、ARP パケットが自動的に送信され、サブネット上の全クライアントの ARP テーブルがアップデートされます。Linux にこの機能はありません。そのため LifeKeeper は、切り替え可能な IP アドレスをインターフェースに追加したら ARP パケットを送信し、クライアントの ARP キャッシュを強制的にアップデートする必要があります。

TCP/IP の実装は、このARP パケットに応じて必要な ARP のアップデートを実行する機能の点でさまざまです。以下に、重要な例の一部の説明を示します。

/ ページ

c 2012 SIOS Technology Corp., the industry's leading provider of business continuity solutions, data replication for continuous data protection.