現在地:LifeKeeper の設定作業 > リソースプロパティ設定の編集 > コマンドサーバ保護設定の変更

コマンドサーバ保護設定の変更

GUI

まず、WebSphere MQ の リソースプロパティ画面または上述のリソースコンテクストメニューを開きます。[Command Server Protection Configuration] アイコンまたはメニュー項目をクリックします。以下のダイアログが表示されます。

LifeKeeper が起動、停止、監視、およびリカバリが失敗した場合にフェイルオーバするようにするには、WebSphere MQ キューマネージャのコマンドサーバコンポーネントの [Full Control] を選択します。

LifeKeeper が起動と停止のみを行い、監視やリカバリは行わないようにするには、WebSphere MQ キューマネージャのコマンドサーバコンポーネントの [Minimal Control] を選択します。

詳細については、上述の表 を参照してください。保護制御を選択したら、[Next] をクリックします。コマンドサーバ保護を現在の設定から新しい設定に変更するか確認するメッセージが表示されたら、[Continue] をクリックして、クラスタ内の全てのノードを変更します。

コマンドライン

コマンドサーバ保護設定をコマンドラインで設定するには、次のコマンドを使用します。

/opt/LifeKeeper/lkadm/subsys/appsuite/mqseries/bin/mq_modqmgrparam -c -s -i TEST.QM -p CMDSERVERPROTECTION -v LEVEL

上記の LEVELFull または Minimal です。

このコマンドを使用すると、キューマネージャ TEST.QM (-i) において、クラスタ (-c) 内の各ノード上の LifeKeeper コマンドサーバ保護設定 (-p) が LEVEL (-v) に設定 (-s) されます。

注記: キューマネージャの名前 (-i) または LifeKeeper TAG (-t) の名前のいずれかを使用できます。

/ ページ

c 2012 SIOS Technology Corp., the industry's leading provider of business continuity solutions, data replication for continuous data protection.

Comments