現在地:WebSphere MQ を設定する際の考慮事項 > サポートされるファイルシステムレイアウト > 設定 2

設定 2 - 直接マウント

この設定では、QMDIR ディレクトリと QMLOGDIR ディレクトリは、共有ストレージ上にあります。これには、2 つの専用 LUN またはパーティションを用意するか、各キューマネージャで LVM を使用する必要があります。LVM を使用する場合、同一の LUN から 2 つの論理ボリュームを作成でき、2 つのディレクトリに個別にマウントできます。

設定 2

図 4 - ファイルシステムレイアウト 2 - 直接マウント

/ ページ

c 2012 SIOS Technology Corp., the industry's leading provider of business continuity solutions, data replication for continuous data protection.

Comments