現在地:WebSphere MQ を設定する際の考慮事項 > サポートされるファイルシステムレイアウト > 設定 3

設定 3 - シンボリックリンク

LVM を使用せず、多数のキューマネージャを使用するアクティブ / アクティブ設定では、シンボリックリンクの使用を推奨します。この場合、1 つまたは複数の専用マウントポイントが作成されます (例: /mq)。LifeKeeper で保護された 1 つのファイルシステムをそこにマウントし、各キューマネージャ用にサブディレクトリを作成します (例: /mq/QUEUE!MANAGER!NAME/log および /mq/QUEUE!MANAGER!NAME/qmgrs)。その後、QMDIR ディレクトリおよび QMLOGDIR ディレクトリを、この場所にリンクします。

図 5 - ファイルシステムレイアウト 3 - シンボリックリンク

/ ページ

c 2012 SIOS Technology Corp., the industry's leading provider of business continuity solutions, data replication for continuous data protection.

Comments