現在地:要件 > LifeKeeper クラスタの IBM WebSphere MQ V7 へのアップグレード

LifeKeeper クラスタの IBM WebSphere MQ V7 へのアップグレード

  1. WebSphere MQ Recovery Kit を含むクラスタ内のすべてのノード上の SPS を、SteelEye Protection Suite インストールガイド の「Upgrading SPS」セクションに記載の手順に従ってアップグレードします。
  1. 各 IBM WebSphere MQ リソース階層を、クラスタ内のすべてのスタンバイノード (Queue Manager が現在実行中でないノード) から拡張解除します。この手順により、各 IBM WebSphere MQ リソースはプライマリノードのみで実行されます (この時点で、手順 5 を完了するまで、障害からの LifeKeeper 保護はなくなります)。
  1. クラスタ内の各ノード上の IBM WebSphere MQ ソフトウェアを以下の手順でアップグレードします。
  1. 1 つまたは複数の LifeKeeper IBM WebSphere MQ リソース階層がノード上で in service の場合、IBM WebSphere MQ ソフトウェアのアップグレード前に out of service にしなければなりません。
  2. IBM WebSphere MQ V7 アップグレード手順に従ってください。これには、少なくとも次の手順が含まれています (ただし、以下に限定されません)。
  1. キューマネージャまたはリスナーが実行中でないことを確認する
  2. IBM WebSphere MQ v6 アップグレード / アップデート / パッチをすべてアンインストールする
  3. LifeKeeper MQ Recovery Kit の依存性を避けるため、rpm の「--nodeps」オプションを使用して、IBM WebSphere MQ v6 ベースパッケージをすべてアンインストールする
  4. IBM WebSphere MQ V7 (すべての アップグレード / アップデート / パッチを含む) をインストールする
  1. IBM WebSphere MQ V7 ソフトウェアがクラスタ内の各ノードにインストールされたら、LifeKeeper IBM WebSphere MQ リソース階層を in service にし (リストア)、各 Queue Manager の動作を確認します。
  1. 各 IBM WebSphere MQ リソース階層をそのスタンバイノードに再度拡張します。
/ ページ

c 2012 SIOS Technology Corp., the industry's leading provider of business continuity solutions, data replication for continuous data protection.

Comments