現在地:WebSphere MQ のトラブルシューティング

WebSphere MQ のトラブルシューティング

WebSphere MQ ログの場所

キューマネージャの名前が既知であり、キューマネージャが使用可能な場合、WebSphere MQ エラーログは、キューマネージャ設定ファイル (qm.ini) で定義される LogPath パラメータで指定されたディレクトリにあります。キューマネージャが使用できない場合、エラーログは、(/var/mqm/qmgrs/@SYSTEM/errors) にあります。クライアントアプリケーションでエラーが発生した場合、エラーログはクライアントのルートドライブ (/var/mqm/errors) にあります。

Message Queue Interface (MQI) 呼び出しが失敗したことを示すリターンコードがアプリケーションに返された場合、リターンコードの詳細について WebSphere MQ Application Programming Reference Manual を参照してください。

/ ページ

c 2012 SIOS Technology Corp., the industry's leading provider of business continuity solutions, data replication for continuous data protection.

Comments