現在地:LifeKeeper での Oracle の設定 > 設定例 > アクティブ / アクティブ設定

アクティブ / アクティブ設定

アクティブ / アクティブ設定は、それぞれが別々のデータベースインスタンスを実行する 2 台以上のサーバで構成されます。各データベースは、別々の共有ディスク上にある必要があります。

$ORACLE_HOME は、設定の要件に応じて、非共有ディスクまたは共有ディスク上に置くことができます。例えば、共通の$ORACLE_HOME を使用する任意のサーバ上の複数のデータベースインスタンスは、$ORACLE_HOME が非共有ディスク上にある必要があります。$ORACLE_HOME ディレクトリが共有ディスク上にある場合は、別々の共有ディスクでなければなりません。

本セクションでは、図 3 と図 4 に示されている 2 種類のアクティブ / アクティブ設定の例を検討します。

注記: 非共有ストレージ上で複数の $ORACLE_HOME を使用しているサーバの複数のデータベースインスタンスは除外されます。

 

図 3アクティブ / アクティブ設定の例

設定に関する注記:

  1. サーバは独自の $ORACLE_HOME ディレクトリを非共有ディスク上に配置します。各サーバには同じバージョンの Oracle アプリケーションが導入されています。

  2. $ORACLE_HOME パスはどちらのサーバでも同じです。

  3. 2 つのデータベース、databaseA と databaseB は共有ディスク上にあります。

  4. 両方の Oracle インスタンスのエントリが含まれている oratab ファイルは、両サーバの /etc/ にあります。

  5. 最初は、Server 1 で databaseA が、Server 2 で databaseB が稼動します。スイッチオーバが行われると、1 つのシステムが両方のデータベースを実行できます。

  6. 詳細については、ローカルストレージでの Oracle バイナリのインストール後の Oracle データベース階層の作成を参照してください。

 

Server 1 での 1 つ目のリソース階層の作成:

サーバ:

Server1

データベースの ORACLE_SID:

databaseA

データベースのユーザ名

system

ユーザ名のパスワード

**********

データベースの ORACLE_HOME

/home1/oracle

データベースタグ:

databaseA-on-server1

 

1 つ目のリソース階層の Server 2 への拡張:

テンプレートサーバ:

Server1

拡張するタグ:

databaseA-on-server1

ターゲットサーバ:

Server2

ターゲットの優先順位:

10

データベースタグ:

databaseA-on-server1

 

Server 2 での 2 番目のリソース階層の作成:

サーバ:

Server2

データベースの ORACLE_SID:

databaseB

データベースのユーザ名

system

ユーザ名のパスワード

**********

データベースの ORACLE_HOME

/home1/oracle

データベースタグ:

databaseB-on-server2

 

2 つ目のリソース階層の Server 1 への拡張:

テンプレートサーバ:

Server2

拡張するタグ:

databaseB-on-server2

ターゲットサーバ:

Server1

ターゲットの優先順位:

10

データベースタグ:

databaseB-on-server2

 

 

図 4アクティブ / アクティブ設定、例 2

設定に関する注記:

  1. 両サーバが別々の共有ディスク上の $ORACLE_HOME ディレクトリを使用します。

  2. Oracle アプリケーションはどちらのサーバでも同じです。$ORACLE_HOME は、サーバに定義されたインスタンスごとに異なります。

  3. 2 つのデータベース、databaseA と databaseB は共有ディスク上にあります。

  4. 両方の Oracle インスタンスのエントリが含まれている oratab ファイルは /etc/ にあります。

  5. Oracle インスタンスごとに一意のログインが必要です。それぞれのログインに対する Id および gid は Server 1 および Server 2 で同一である必要があります。

  6. 最初は、Server 1 で databaseA が、Server 2 で databaseB が稼動します。スイッチオーバが行われると、1 つのシステムが両方のデータベースを実行できます。

 

Server 1 での 1 つ目のリソース階層の作成:

サーバ:

Server1

データベースの ORACLE_SID:

databaseA

データベースのユーザ名

system

ユーザ名のパスワード

**********

データベースの ORACLE_HOME

/shr1/oracle

データベースタグ:

databaseA-on-server1

 

1 つ目のリソース階層の Server 2 への拡張:

テンプレートサーバ:

Server1

拡張するタグ:

databaseA-on-server1

ターゲットサーバ:

Server2

ターゲットの優先順位:

10

データベースタグ:

databaseA-on-server1

 

Server 2 での 2 番目のリソース階層の作成:

サーバ:

Server2

データベースの ORACLE_SID:

databaseB

データベースのユーザ名

system

ユーザ名のパスワード

**********

データベースの ORACLE_HOME

/shr2/oracle

データベースタグ:

databaseB-on-server2

 

2 つ目のリソース階層の Server 1 への拡張:

テンプレートサーバ:

Server2

拡張するタグ:

databaseB-on-server2

ターゲットサーバ:

Server1

ターゲットの優先順位:

10

データベースタグ:

databaseB-on-server2

/ ページ

c 2012 SIOS Technology Corp., the industry's leading provider of business continuity solutions, data replication for continuous data protection.