現在地:LifeKeeper での Oracle の設定 > 設定例 > 設定の要件

設定の要件

それぞれの例では、1 つまたは 2 つのデータベース (databaseAdatabaseB)が使用されています。デフォルトでは、Oracle データベースのシステム識別子(SID)と一致するタグ名が LifeKeeper から示されます。ただし、以下の例では、databaseA-on-server1 のように SID とサーバ名で構成されたタグ名が使用されています。

設定例を理解するには、次のような設定要件を留意しておいてください。

注記: それぞれの設定図に付随する表は、プライマリサーバ(Server 1)の場合は [Create Resource Hierarchy] ウィザードに、バックアップサーバ(Server 2)の場合は [Extend Resource Hierarchy] ウィザードに入力される適切な情報の例を示しています。ウィザードに入力する情報の詳細については、LifeKeeper の設定作業を参照してください。これらの表は、Recovery Kit を設定するときに役立つ参照情報となります。

/ ページ

c 2012 SIOS Technology Corp., the industry's leading provider of business continuity solutions, data replication for continuous data protection.