現在地:付録 > 複数のリソースに対する共有 Oracle Listener の作成

複数のリソースに対する共有 Oracle Listener の作成

共有 Oracle Listener を作成する場合は、システム設定において以下のどれかの手順に当てはまるでしょう。

このプロセスで、LifeKeeper 内の Listener の保護が様々な Listener および SID の組み合わせを提供します。

複数のリソースに対して 1 つの共有 Oracle Listener を作成する場合は、下記の手順に従ってください。

  1. LifeKeeper GUI メニューから [Edit] を選択し、次に [Server] を選択します。ドロップダウンメニューから、[Create Resource Hierarchy] を選択します。

重要: リソースを作成するときは、Oracle アプリケーションが実行されている必要があります。

  1. ダイアログボックスが表示され、クラスタ内にインストール済みの認識されているすべての Recovery Kit がドロップダウンリストボックスに表示されます。ドロップダウンリストから [Oracle Database Listener] を選択します。[Next] をクリックして次のダイアログボックスに進んでください。

 

  1. 次の表で説明している情報を入力します。ダイアログボックスで [Back] ボタンが有効な場合は、前のダイアログボックスに戻ることができます。これは、エラーが発生して、以前に入力した情報を訂正する必要がある場合に特に役立ちます。階層作成手順のどの段階でも、[Cancel] をクリックすると、作成プロセス全体がキャンセルされます。

フィールド

ヒント

スイッチバックタイプ

intelligent または automatic を選択します。これは、サーバがフェイルオーバした後、どのように Listener リソースがサーバにスイッチバックされるかを指示します。データレプリケーションを使用する場合は、スイッチバックタイプは intelligent に選択してください。

注記: スイッチバックタイプは Listener リソースによって使用される依存リソース(IP およびボリュームリソース)と一致している必要があります。そうでない場合は、作成に失敗します。

サーバ

階層を作成したいサーバを選択してください。

Listener 設定ファイルのパス

Oracle listener 設定ファイルへのフルパスを選択してください。

Listener 名

このリソースインスタンスで保護する Oracle Listener の名前を選択してください。

Listener の実行パス

Oracle Listener プログラムの実行パスを選択します。このパスは Oracle Listener を起動・停止・監視・回復する際に必要となります。

Listener の保護レベル

以下のレベルの 1 つを選択してください。

Full Control(開始、停止、監視および回復)

Intermediate Control(開始、監視および回復)

Minimal Control(開始および監視のみ)

Listener のリカバリレベル

指定された listener に対するリカバリレベルを選択します。

Standard (On) – 標準の Lifekeeper リカバリを可能にします。Standard (On) が選択されている場合は、すべての listener 障害がローカルで発生し、必要であれば、有効なバックアップサーバへとフェイルオーバを行います。

Optional (off) – オプションの LifeKeeper リカバリを有効にします。Optional (Off) を選択した場合は、すべての listener 障害が局所的に発生しますが、有効なバックアップサーバへフェイルオーバが行われません。

IP アドレス名

このリソース階層の依存関係として保護される IP アドレスのリソース名を選択してください。選択された listener に関連した IP アドレスは選択リストに表示されます。IP リソースが設定に必要がない場合は [None] を選択してください。

Listener タグ

サーバ上のリソースに対するユニークな名前を入力してください。名前に対する有効な文字は、アルファベット、数字および特殊記号 - _ . / になります。

 

  1. [Create] ボタンを選択し、階層の作成を開始します。インフォメーションボックスが表示され、LifeKeeper がデータベース listener リソース階層を作成するために提供した有効なデータを確認します。LifeKeeper が問題を検知した場合は、インフォメーションボックスにエラーが表示されます。認証に成功すると、リソースが作成されます。

  2. [Pre-Extend Wizard] ダイアログはリソース階層の作成が完了した場合に表示され、以下の情報を入力することになります。Extend のオペレーションに慣れていない場合は、それぞれのダイアログで選択をした後 [Next] を選択してください。LifeKeeper[Extend Resource Hierarchy] 作業のデフォルト値が分かっていて、入力と確認を省略する場合は、[AcceptDefaults] をクリックします。

フィールド

ヒント

ターゲットサーバ

階層が拡張されるターゲットサーバを選択してください。リソースが少なくとも 1 つのサーバへ拡張される前にキャンセルを選択した場合は、LifeKeeper は階層のアプリケーションに対して保護をしません。

スイッチバックタイプ

バックアップサーバへフェイルオーバした後、 in service にする場合に、どのように Oracle Listener インスタンスがこのサーバにスイッチバックするかを指示します。intelligent または automatic を選択できます。スイッチバックタイプは、必要な場合 [Resource Properties] ダイアログボックスの [General] タブで後から変更できます。
注記: スイッチバックストラテジーは、Oracle Listener リソースによって使用される依存リソースのものと一致している必要があります。

テンプレートの優先順位

このフィールドは、作成時に拡張しなかった場合に表示されます。
リソースに対するカスケーディングフェイルオーバシーケンスにおける、テンプレートサーバの優先順位を 1 から 999 までの間の値を入力してください。低い数値は高い優先順位となります。LifeKeeper は、階層が作成されたサーバの値を「1」に割り当てています。2 つのサーバは与えられたリソースに対して同じ優先順位をもつことはできません。

ターゲットの優先順位

リソースに対するカスケーディングフェイルオーバシーケンスにおける、ターゲットサーバの優先順位を 1 から 999 までの間の値を入力してください。低い数値は高い優先順位となります。LifeKeeper は、階層が拡張される最初のサーバのデフォルト値を 10 にすることを推奨します。

 

  1. pre-extend チェックに成功したというメッセージを受けた後、[Next] をクリックし、以下の情報を入力してください。

フィールド

ヒント

Listener 設定ファイルのパス

Oracle Listener 設定ファイルに対するフルパスを選択してください。

Listener の実行パス

Oracle Listener プログラムの実行パスを選択します。このパスは Oracle Listener を起動・停止・監視・回復する際に必要となります。

Listener タグ

このフィールドはプライマリサーバ上の新しい Oracle Listener リソースに対してユニークな名前で自動的に割り当てられます。デフォルトのネーミングパターンが表示されます。他のユニークな名前を入力することもできます。Listener タグに対する有効な文字は、アルファベット、数字および特殊記号 - : . / になります。

 

  1. [Extend] をクリックします。[Hierarchy Integrity Verification] ウィンドウが、Hierarchy Verfication Finished階層完了)のメッセージと共に表示されます。[Next Server] または [Finish] をクリックしてください。
/ ページ

c 2012 SIOS Technology Corp., the industry's leading provider of business continuity solutions, data replication for continuous data protection.