現在地:LifeKeeper の設定作業 > リソース階層の拡張

リソース階層の拡張

階層の作成後、クラスタ内の別のサーバに拡張する必要があります。3 通りのシナリオで、テンプレートサーバからターゲットサーバにリソースインスタンスを拡張できます。最初のシナリオは、リソース作成後、表示された情報ダイアログボックスで [Next] をクリックすることで、「続けて」、そのリソースを別のサーバに拡張する場合です。2 番目のシナリオは、以下に示すように [Edit] メニューから [Extend Resource Hierarchy] 作業を入力する場合です。3 番目のシナリオは、左側または右側のペインから拡張されていない階層を右クリックする場合です。どのシナリオでも同じダイアログボックスが表示されます(いくつかの例外については、以下に詳細を明記します)。

  1. LifeKeeper GUI メニューから Extend ウィザードを起動している場合は、[Edit] を選択し、次に [Resource] を選択してください。ドロップダウンメニューから [Extend Resource Hierarchy] を選択してください。これで Pre-Extend Resource Hierarchy ウィザードが起動されます。

  2. 最初のダイアログボックスが表示され、現在 Oracle リソース階層がサービス中のテンプレートサーバを選択するように指示されます。ここで選択するするテンプレートサーバと次のダイアログボックスで選択する [Tag to Extend] によって、サービス中のリソース階層が表されることを認識しておくことが重要です。選択したテンプレートサーバでサービス中でないリソースタグを選択すると、エラーメッセージが表示されます。このダイアログのドロップダウンボックスには、クラスタ内の全サーバの名前が示されています。

注記: Oracle リソース階層の作成に続いて [Pre-Extend Resource Hierarchy] 作業に入った場合、ウィザードが作成段階にあるテンプレートサーバをすでに確認しているため、このダイアログボックスは表示されません。GUI ウィンドウの左側ペインの Oracle リソースアイコンまたは右側ペインの Oracle リソースボックスを右クリックして、[Extend Resource Hierarchy] を選択した場合も同様です。

階層を拡張する手順の間に [Cancel] をクリックすると、どの時点であってもそのサーバへの拡張プロセスがキャンセルされるので注意してください。ただし、すでにリソースを別のサーバに拡張している場合は、明示的に拡張解除するまで、そのインスタンスの拡張は有効です。

例えば、Server 1 にリソースを作成し、そのリソースを Server 2 へ拡張したとします。同じリソースを Server 3 に拡張している最中に、気が変わっていずれかのダイアログボックス内の [Cancel] ボタンをクリックしたとします。この場合は、Server3 へのリソース拡張だけがキャンセルされ、Server2 への拡張はキャンセルされません。この階層から Server2 を削除したい場合は、Server2 からリソースを拡張解除する必要があります。

[Next] をクリックして次のダイアログボックスに進んでください。

  1. [Tag to Extend] を選択してください。これは、テンプレートサーバからターゲットサーバに拡張する Oracle インスタンスの名前です。ウィザードのドロップダウンメニューには、前のダイアログボックスで選択した、テンプレートサーバ上に作成されているすべてのリソースが表示されます。

注記: ここでも、Oracle リソース階層の作成に続いて [Pre-Extend Resource Hierarchy] 作業に入った場合、ウィザードが作成段階にある Oracle リソースのタグ名をすでに確認しているため、このダイアログボックスは表示されません。GUI ウィンドウの左側ペインの Oracle リソースアイコンまたは右側ペインの Oracle リソースボックスを右クリックして、[Extend Resource Hierarchy] を選択した場合も同様です。

[Next] をクリックして次のダイアログボックスに進んでください。

  1. Oracle リソース階層を拡張するターゲットサーバを選択してください。ドロップダウンボックスに、選択された階層にまだ入っていないクラスタ内のサーバ名の一覧が表示されます。

[Next] をクリックして次のダイアログボックスに進んでください。

  1. [Switchback Type] を選択します。この選択によって、バックアップサーバへのフェイルオーバの後、Oracle インスタンスがサービス中に戻ったときに、このサーバにどのようにスイッチバックされるのかが決まります。intelligent または automatic を選択できます。Intelligent switchback では、インスタンスをプライマリ / オリジナルサーバにスイッチバックするときに、管理者の介入が必要になります。automatic switchback の場合は、プライマリサーバがオンラインに戻り、LifeKeeper コミュニケーションパスを再確立した直後にスイッチバックが行われます。

スイッチバックタイプは、必要な場合 [Resource Properties] ダイアログボックスの [General] タブで後から変更できます。

[Next] をクリックして次のダイアログボックスに進んでください。

  1. [Template Priority] を選択または入力します。これはサーバ上で現在サービス中の Oracle 階層の優先順位です。優先順位は、1~999 の範囲で未使用の値が有効で、小さい数字ほど優先順位が高くなります(数字 1 が最高の優先順位に相当します)。拡張処理時に、別のシステムですでに使用中の優先順位をこの階層に対して指定することはできません。デフォルト値を推奨します。注記:このフィールドは階層を最初に拡張するときだけ表示されます。

  2. [Target Priority] を選択または入力します。これは、他のサーバにある同等の階層に対する、新しく拡張する Oracle 階層の優先順位です。1~999 の範囲で、まだ優先順位として使用されていない値が有効で、リソースのカスケーディングフェイルオーバシーケンスにおけるサーバの優先順位を示します。数値が小さいほど優先順位は高くなります(1 は最高の優先順位を表します)。LifeKeeper のデフォルトでは、階層が作成されたサーバに「1」が割り当てられることに注意してください。優先順位は連続している必要はありませんが、特定のリソースについて 2 つのサーバに同じ優先順位を割り当てることはできません。

[Next] をクリックします。

  1. 情報ボックスが表示され、LifeKeeper が環境のチェックを正常に完了し、この Oracle リソースを拡張するためのすべての要件が満たされていることが示されます。満たされていない要件がある場合は、[Next] ボタンは選択できなくなり、[Back] ボタンが有効になります。

[Back] をクリックした場合、情報ボックスに表示されるエラーメッセージの内容に従って、リソースの拡張を変更できます。

ここで [Cancel] をクリックすると、いずれかの時点でここに戻り、Oracle リソース階層を別のサーバに拡張して、LifeKeeper の保護下に置く必要があります。

[Next] をクリックすると、[Extend Resource Hierarchy] 設定作業に入ります。

  1. [Database Tag] が表示されたら、[Extend] をクリックしてください。

  1. 拡張が実行されていることを示す情報ボックスが表示されます。

同じ Oracle リソースインスタンスをクラスタ内の別のサーバに拡張したい場合は、[Next Server] をクリックします。その場合は、[Extend Resource Hierarchy] 操作が繰り返されます。

[Finish] をクリックすると、Oracle リソースの拡張が正常に完了したことを示す別のダイアログボックスが表示されます。

  1. [Done] をクリックして、[Extend Resources Hierarchy] メニューを終了します。

注記: 必ず両方のサーバで新しいインスタンスの機能をテストしてください。

/ ページ

c 2012 SIOS Technology Corp., the industry's leading provider of business continuity solutions, data replication for continuous data protection.