現在地:LifeKeeper の設定作業

LifeKeeper の設定作業

設定作業は LifeKeeper GUI を使用して実行できます。以下の 4 つの作業は、Oracle リソースインスタンス特有のものであり、Recovery Kit ごとに異なるため、本書で説明しています。

以下のタスクはすべての Recovery Kit で手順が同じであるためSPS for Linux テクニカルドキュメンテーションAdministration セクション で説明します。

注記: 本セクションの残りの部分では、LifeKeeper GUI の [Edit] メニューから特定の作業を選択して Recovery Kit を設定する方法について説明します。設定作業はツールバーから選択することもできます。状況表示ウィンドウの [Resource Hierarchy Tree](左側のペイン) のグローバルリソースを右クリックして、[Edit] メニューと同じドロップダウンメニューの選択項目を表示することもできます。言うまでもなく、これは階層がすでに存在している場合にだけ可能な方法です。

状況表示ウィンドウの [Resource Hierarchy Table](右側のペイン) のリソースインスタンスを右クリックして、サーバおよび特定リソースの状況に応じて、リソース階層の作成を除くすべての設定作業を実行することもできます。

/ ページ

c 2012 SIOS Technology Corp., the industry's leading provider of business continuity solutions, data replication for continuous data protection.