現在地: LifeKeeper > 管理 > 管理者タスク > リソース依存関係の削除

リソース依存関係の削除

  1. 開始するには、次の 4 つの可能な方法があります。

    • 親子依存関係を削除したい、サーバの下の親サーバ固有のリソース、または親グローバルリソースに対するアイコンを右クリックしてください。リソースコンテキストメニューが表示されたら、 [Delete Dependency] をクリックしてください。

    • グローバルツールバーで、[Delete Dependency] ボタンをクリックしてください。ダイアログが表示されたら、リソース依存関係の削除を開始するサーバを [Server] リストで選択し、[Next] をクリックしてください。次のダイアログで、[Parent Resource Tag] リストから親リソースを選択し、再度 [Next] をクリックしてください。

    • リソースコンテキストツールバーで (表示された場合)、[Delete Dependency] ボタンをクリックしてください。

    • [Edit] メニューで、[Resource] をポイントして、[Delete Dependency] をクリックしてください。ダイアログが表示されたら、リソース依存関係の削除を開始するサーバを [Server] リストで選択し、[Next] をクリックしてください。次のダイアログで、[Parent Resource Tag] リストから親リソースを選択し、再度 [Next] をクリックしてください。

  2. ドロップダウンボックスから [Child Resource Tag] を選択してください。これは、削除したい依存関係における子のタグ名である必要があります。[Next] をクリックして、次のダイアログボックスに進んでください。

  3. このダイアログで、依存関係の削除に対して適切な親および子のリソースタグが選択されていることを確認できます。[Delete Dependency] をクリックして、クラスタ内のすべてのサーバ上の依存関係を削除してください。

  4. 出力パネルが有効な場合、ダイアログが閉じて、依存関係を削除するコマンドの結果が出力パネルに表示されます。有効でない場合は、ダイアログが表示されたままこれらの結果が表示されます。 すべての結果が表示されたら、[Done] をクリックして終了します。

/ ページ

© 2013 SIOS Technology Corp.、連続的なデータ保護のためのビジネス継続性ソリューション、データレプリケーションの業界最先端のプロバイダ。