現在地: LifeKeeper > ユーザガイド > LifeKeeper の使用 > リソースを Out of Service にする

リソースを Out of Service にする

  1. 開始するには、以下の 4 つの方法があります。

    • Out of Service にするグローバルリソース、またはリソース / サーバの組み合わせのアイコンを右クリックします。リソースのコンテキストメニューが表示されたら、[Out of Service] をクリックします。

    • グローバルツールバーの [Out of Service] ボタンをクリックします。[Out of Service]ダイアログが表示されたら、 Out of Service にするリソースを 1 つ以上 [Resouce(s)] リストから選択し、[Next] をクリックします。

    • リソースのコンテキストツールバーが表示される場合は、[Out of Service] ボタンをクリックします。

    • [Edit] メニュー[Resource] をポイントし、[Out of Service] をクリックします。[Out of Service] ダイアログが表示されたら、 Out of Service にするリソースを 1 つ以上 [Resouce(s)] リストから選択し、[Next] をクリックします。

  2. 選択したリソースが Out of Service になることを示す [Out of Service] ダイアログボックスが表示されます。親リソースを Out of Service にせずに依存する子リソースを Out of Service にしようとする場合、このダイアログには警告も表示されます。[Out of Service] をクリックして、次のダイアログボックスに進みます。

  3. 出力パネルが有効の場合は、ダイアログが閉じ、リソースを Out of Service にするコマンドの結果が出力パネルに表示されます。出力パネルが無効の場合は、これらの結果を表示するダイアログが表示されたままになり、結果がすべて表示されたら [Done] をクリックします。

  4. リソースを Out of Service にする動作で発生したエラーは、 Out of Service にするリソースが存在するサーバの LifeKeeper ログに記録されます。 

/ ページ

© 2013 SIOS Technology Corp.、連続的なデータ保護のためのビジネス継続性ソリューション、データレプリケーションの業界最先端のプロバイダ。